本文へスキップ

「松連協」は彩の国いきがい大学東松山学園卒業生の作る団体です。

このホームページについてabout this Web Site

  

ホームページ運用規定

彩の国いきがい大学東松山学園校友会連絡協議会ホームページ運用規定
  • (目的)
    • 1.インターネット上に公開する彩の国いきがい大学東松山学園校友会連絡協議会(以下「松連協」という。)のホームページ(HP)は、以下の目的で設置する。
      • 1)松連協およびいきがい大学校友会連絡協議会(以下「県連協」という。)とその関連の広報
      • 2)松連協に所属する会員への情報公開や周知
  • (ホームページの内容)
    • 2.HPの内容(コンテンツ)は、原則として以下の項目とする。
      • 1)松連協とその構成校友会の紹介
      • 2)松連協および県連協とその関連の行事予定と開催案内
      • 3)松連協および県連協とその関連の行事の結果報告
      • 4)松連協および県連協の理事会等の会議録
      • 5)松連協に所属する会員の投稿で以下のもの
        • @ 社会貢献にかかわる活動であって、複数期にまたがる会員の参加するもの
        • A 広く各期会員に参加して(見に来て、聞きに来て)ほしい行事の案内
      • 6)松連協および県連協の広報誌の転載
      • 7)その他、松連協および県連協とその関連に関する情報
  • (掲載禁止事項)
    • 3.HPは松連協の会員だけが閲覧するものではないことを考慮し、以下の情報およびその可能性を含む情報の掲載を禁止する。
      • 1)個人や団体への誹謗・中傷にあたるもの
      • 2)プライバシーの侵害、個人情報の公表に当たるもの(ガイドライン参照)
      • 3)著作権の侵害に当たるもの(ガイドライン参照)
      • 4)ホームページの運営を妨げ、破壊するもの、閲覧者に害を及ぼすもの
      • 5)その他法令に違反するもの
      • 6)営利目的のもの
      • 7)政治や宗教活動にあたるもの
      • 8)公序良俗に反するもの
      • 9)その他、松連協のHPとして不適切と判断されるもの
  • (管理運営体制)
    • 4.ホームページ運用の最高決定機関は松連協理事会とする。
    • 5.理事会は松連協ホームページ担当者を任命する。
    • 6.松連協ホームページ担当者は、HPの運用実務に当たる。
    • 7.松連協ホームページ担当者は松連協各期HP担当者との連絡網を整備する。
      • 1)技術情報等の交換
      • 2)松連協HPへの意見具申
      • 3)各校友会会員からの松連協HPに対する問い合わせ、意見、要望等の伝達
      • 4)各校友会会員へ更新情報の広報
  • (管理義務)
    • 8.HP担当者は組織、事業等に関する原稿を関係者に依頼しHPに掲載する。また、状況により取材体制をとる。
    • 9.掲載禁止事項に該当する恐れがあると判断される場合は、掲載前に 会長に意見を求めること。
    • 10.HPの内容について、松連協の内外から通知、警告、指摘等があった場合、妥当性を判断のうえ、重要と考えられる場合には遅滞なく松連協会長に報告し、HPでの公開停止など必要な措置をとること。
    • 11.サーバのパスワード等は安全に管理すること。万一、HPの不正侵入、改ざん等があった場合、サーバレンタル元に連絡し必要な対応をとる。また、不正侵入により会員等に被害が生じた場合、協議する。
    • 12.HP担当者は、HPの運営に必要な経費を予算案として作成し、承認を得て管理する。必要な費用はサーバレンタル料、ドメイン使用料とその他(会議費、取材交通費、ソフトウェア費等)である。
  • (個人情報及び著作権に関するガイドライン)
    • 13.個人情報の掲載に対するガイドラインは下記の通りとする。
      • 1)個人の住所、電話番号、メールアドレスは掲載を禁止する
      • 2)顔と名前が特定される写真は掲載しない。ただし、役員などは例外とする
      • 3)会員と学園関係者以外の人物写真は、許可を得ない限り掲載を禁止する
      • 4)会の行事などにおける会員のスナップ写真は掲載可とする
    • 14.著作権に対するガイドラインは下記の通りとする。
      • 1)著作権のある画像、動画、制作物、音楽等は許可のあるもの以外掲載しない
      • 2)文章は引用と認められる範囲のみ掲載可とする
  • 附 則
    この規定は、平成29年4月1日より施行する。