本文へスキップ

「松連協」は彩の国いきがい大学東松山学園卒業生の作る団体です。

規約・規定Operational Regulations

彩の国いきがい大学東松山学園校友会連絡協議会 規約

  *平成27年度松連協総会にて、改訂提案し承認を得ました。
   改訂内容:2条以降の「この会」を「松連協」に修正。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
  • (名称)
  • 第1条 この会は、彩の国いきがい大学東松山学園校友会連絡協議会(以下“松連協”という。)と称する。
  • (事務所)
  • 第2条 松連協の事務所は、彩の国いきがい大学東松山学園内に置く。
  • (構成)
  • 第3条 松連協は、彩の国いきがい大学東松山学園内各期校友会等の会員をもって組織する。
  • (目的)
  • 第4条 松連協は、各期の校友会活動の主体性を尊重し、相互親睦と連絡協調を図り、併せて地域活動の啓発を行うことを目的とする。
  • (事業)
  • 第5条 松連協は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
    • (1)各期校友会の相互の情報連絡と交流
    • (2)松連協の目的達成に必要な事業
  • (役員)
  • 第6条 松連協に、次の役員を置く。
    • (1)会 長 1名 (2)副会長 若干名 (3)理 事 若干名
    • (4)会 計 1名 (5)監  事  2名
  • (役員の任期)
  • 第7条 役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。任期の途中での補欠者の任期は前任者の残任期間とする。
  • (役員の選出)
  • 第8条 役員の選出は次のとおりとする。ただし会長、副会長、会計は総会の承認を得る。
    • (1)会長は、原則として各期会長の輪番制とし理事会で選出する。
    • (2)副会長、会計は理事の互選とする。
    • (3)理事は各期の会長等とする。
    • (4)監事は、理事以外の会員の中から理事会で選出する。
  • (役員の職務)
  • 第9条 役員の職務は次のとおりとする。
    • (1)会長は、会を代表し会務を統括する。
    • (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは会長の職務を代理する。(代理者は理事会で決める)
    • (3)理事は、会務を処理する。
    • (4)会計は、会計業務を処理する。
    • (5)監事は、会計を監査する。
  • (顧問)
  • 第10条 松連協に顧問を置くことができる。顧問は総会の承認を得て会長が委嘱する。
  • (会議)
  • 第11条 松連協の会議は総会、理事会、正副会長会とし、会長が召集しその議長となる。
  • 2 総会は、理事(会長、副会長を含む。次項で同じ。)と各期1名の代議員で構成し、次の事項を議決する。
    • (1)事業計画及び予算、決算の承認に関する事項
    • (2)規約の改廃に関する事項
    • (3)役員の承認に関する事項
    • (4)その他、松連協の運営に関する事項
  • 3 理事会は理事で構成し、次の事項を議決し、執行する。
    • (1)総会に付議すべき事項
    • (2)総会で議決した事項の執行に関する事項
    • (3)その他、総会の議決を要しない会務の議決、執行に関する事項
  • (会議の定足数と議決)
  • 第12条 会議は、構成員の過半数の出席で成立し、議事は、出席者の過半数で議決する。可否同数のときは議長の決裁による。
  • (表決及び委任)
  • 第13条 会議に出席できない構成員は、書面をもって表決し、又は他の構成員を代理として表決を委任することができる。
  • (会計及び会計年度)
  • 第14条 松連協の経費は、会費及びその他の収入をもって充てる。
  • 2 会費は年間400円とする。ただし総会の議決により臨時に徴収することができる。
  • 3 会計年度は、毎年4月1日から翌年の3月31日までとする。
  • (定めのない事項)
  • 第15条 この規約に定めのない事項については正副会長が協議し決定することができる。この場合、速やかに理事会又は総会に報告しなければならない。
附則  この規約は、 平成7年4月26日改訂の上施行する。
平成8年4月26日一部改訂の上施行する。
平成15年4月28日一部改訂の上施行する
平成19年3月12日一部改訂の上施行する。
  平成21年4月21日一部改正により施行する。 
  平成27年4月20日一部改訂により施行する。


彩の国いきがい大学東松山学園校友会連絡協議会 運用規定

  1. 目的
    •  この運用規定は彩の国いきがい大学東松山学園校友会連絡協議会(以下松連協と略称)の規約に基づき運用に当たっての原則を記述し任務の指針を示すことにより、円滑、且つ効果的な運営を行うことを通じて規約の趣旨の実現を図るものである。
  2. 会員構成
    • 1)彩の国いきがい大学東松山学園を卒業し各期の校友会に所属する会員をもって構成する。
    • 2)専科並びに2年制を卒業した校友会会員はいずれかを選択して会員登録する。
  3. 役員組織編成
    • ① 松連協を1年経過した2年制の期が1年限定で、正副会長及び松連協6事業の実行委員長を選出し承認を受ける。
    • ② 松連協を1年経過した専科校友会会長が副会長に就く。
    • ③ 次期担当期の2年制校友会会長及び専科校友会会長を副会長に付加し任命する。
    • ④ 副会長に総務委員長、企画委員長、広報委員長(HP担当)、財務委員長の職務を置く。
    • ⑤ 松連協校友会の 10年以内の 各期から理事1名を選出する。理事は各期の会長等とする、
    • ⑥ 各期から代議員1名を原則として選出する。
    • ⑦ 監事2名を選出する。これには2年制の担当期、次期担当期から選出する

       以上組織編成し総会に提案承認を受ける。

      《参考例》 平成26年度役員編成、役職及び担当
      松連協会長    原嶋 康夫   (27期)
        副会長   石塚 十三一 (28期)
         〃    山下 成久   (専科4期)
         〃    多鹿 時夫   (専科5期)
         〃    大木 勇   (27期)  総務委員長
         〃    佐久間秀雄  (27期)  企画委員長
         〃    深澤 勲    (27期)  広報委員長(HP担当)
         〃    中田 勝彦   (27期)  財務委員長
        監事  清治 豊   (27期)
         〃  関川 忠彦   (28期)

  4. 松連協役員及び事業別実行委員の届け出
    • 1)各期の校友会役員を次期担当期の総務委員長へ届け出なければならない。
       (届出に関して記入用紙及び提出期限は次期総務委員より連絡)
      • ① 会長を選任し届出る。
      • ② 松連協役員の理事を選任し届け出る。(理事は校友会10年以内の各期の会長等とする)
      • ③ 代議員を選任し届け出る。(定期総会に出席する)
      • ④ 連絡員を選任し届け出る。(松連協と期の校友会への情報連絡を業務とする。各期の総務担当がこの任務にあたる。又,広報誌紙面配布先の担当者を兼務する。尚、この業務は各期の校友会会長が兼務する場合がある。)
    • 2)事業別実行委員の届け出
      • ① 主務担当期は事業別実行委員長を置き選任する又校友会会員全員を各事業別に配置する
         (1年経過の2年制及び専科)
      • ② 次期担当期は事業別責任者を置き選任する、又校友会会員全員を事業別に配置する。
         (2年制及び専科)
    • 3)事業別実行委員組織範囲
       (平成26年度例)27期校友会・28期校友会・専科4期校友会・専科5期校友会

      《参考例》 平成26年度 事業実行委員長
           ウォーキング大会  大木  勇  (27期)副会長兼務
           地域ジュニア交流会 山本  稔  (27期)校友会理事
           グラウンド・ゴルフ 佐久間 秀雄 (27期)副会長兼務
           文化祭       黒澤  晃  (27期)校友会理事
           新春の集い     小出 雅利  (27期)校友会理事
           芸能祭       中田 勝彦  (27期)副会長兼務
  5. 会議
    • 下記会議を会長が召集しその議長となる。会議の進行は総務委員長に委ねる。
      又必要に応じ松連協事業の実行委員長をその会議に出席させる。
        ①総会 ②理事会 ③正副会長会
  6. 松連協会長の業務
    • 1)松連協役員組織
      • ① 副会長、理事、代議員、監事及び事業実行委員長などの選出
    • 2)活動
      • ① 松連協の事業・予算の企画・運営・及び実績報告などの統括
      • ② 松連協の各期との連携
      • ③ 松連協と県連協との連携
    • 3)会議
      • ①松連協 総会、理事会、正副会長会などの運営
    • 4)県連協関連
      • ①松連協より役員等の選出
        • ・ 代議員(各期会長)、理事2名(松連協担当期会長、次期担当期会長)
        • ・ 監事 1名、各部 部員 3名(3事業、会報)
    • 5)活動
      • ① 県連協担当任務の遂行(総会、理事会、部会など)
      • ② 県連協と松連協間の連携(連絡・調整)
    • 6)会議
      • ① 県連協担当任務の会議に出席(総会、理事会、部会など)
      • ※活動・会議は県連協の役務との関係で内容は異なる場合がある。
    • ※上記のものは県連協事務局より要請が届く、要件によっては関係者と調整する。
  7. 副会長の任務
    • ① 会長任務と役割の把握
       規約に基づき副会長の任務遂行のために、会長の任務と役割をよく理解把握し、状況に対する適応性を維持する事
    • ② 運営状況の把握
       本会の運営状況をよく把握し、積極的に会長補佐を行い、会長にかかる負担の軽減に協力するとともに、会長とのコミュニケーションをよくする。
  8. 総務委員長の業務
    • ・ 松連協総会資料、年度役員選任一覧表の作成
    • ・ 会議開催の召集通知を発行する(総会は委任状の提出の手配、メール、FAX)
       (会議開催場所の確保・日程調整)
    • ・ 会議開催の議題を作成する
    • ・ 会議開催の司会進行を実施する(各期名札・レイアウト)
    • ・ 議事録の作成・発行(メール・FAX)、ホームページ掲載
    • ・ 総会資料の作成
    • ・ 各期の次年度会長を確認(氏名・連絡先=メールアドレス、電話番号、〒番号、住所等)及び理事、代議員、松連協事業の実行委員、連絡員、広報委員を選出依頼する、それぞれ各連絡先を明記する。(参考フォーマット一覧表参照)
    • ・ 同様にして会員数の提出依頼をする、総会期日を勘案して報告締切日を明確にする
       (予算案作成に必要事項であり、〆切期日を定め明記して報告依頼)
    • ・ 県連協等外部への提出書類の記入提出手続きを行う・・会長指示
       次期主務校友会へ引き継ぎを行う
         資料  総会開催案内及び委任状 ・総会資料各役員届出フォーマット
             各期連絡先一覧表
  9. 企画委員長の業務
    • ・ 松連協総会資料、事業計画(案)の作成
    • ・ 総会議案書にて、事業計画(案)を提示して承認を得る
    • ・ 各事業の実施計画を把握する(各事業実行委員長より実施計画書を作成させる)
    • ・ 各事業の実施報告に関する事(各事業実行委員長より実施報告書を作成させる)
    • ・ 次年度松連協総会資料(議案書)の作成
    • ・ 各事業報告は、年度中の理事会にて各事業の実行委員長が報告
    • ・ 松連協総会で、議案書を以って全体事業実施報告を行う
    • ・ 次期主務期校友会への引き継ぎを行う
          資料 松連協事業計画書フォーマット・松連協事業報告書フォーマット
  10. 財務委員長の業務
    • ・ 過去の会計関係資料を前期の財務委員長から引き継ぐ(保管期限は3年とする)
    • ・ 松連協総会資料、予算(案)の作成
    • ・ 各期の会員数を把握し予算書を作成する(総務委員長より資料を入手)
       (新規会員数は学園側に聞く)
    • ・ 郵貯銀行口座名義人の変更を行う
    • ・ 各期の会長から会費の徴収を行う。その際、領収書を発行する
       (郵貯銀行口座への振込を原則とする)
    • ・ 出納帳をつける
    • ・ 各事業終了後会計報告を書面で頂く(収支報告書及び領収書)
    • ・ 会計報告書を作成し会計監査を受ける。
    • ・ 年度総会にて会計報告を行い承認を受ける
    • ・ 次年度担当財務委員長に引き継ぎを行う(担当期及び次期担当期の会長が立会う)
        資料  出納帳 ・通帳・印鑑 、各事業収支報告書フォーマット
  11. 広報委員長の業務
    • ・ 松連協会報年2回(6月・12月)発行する
    • ・ 各期メールアドレス(パソコン)を持っていない会員へ紙面で配布部数の調査
    • ・ 会報発行の紙面配布の手続きを行う
    • ・ 県連協ニュースの受領・・松連協ホームページ掲載手続きの実施
    • ・ 県連協会報の受領  ・・松連協ホームページ掲載及び紙面配布手続きの実施
    • ・ HP委員会の委員長となりHP委員会を運営する
    • ・ 次期主務期校友会への引き継ぎを行う
        資料 HP委員会会則 ・会報発行手順要領書 ・会報、紙面配布先一覧表
  12. 松連協の目的達成のため次の事業を実施する。 (実施月は目安)
    •     1)ウォーキング大会       5月  
    •     2)地域ジュニア交流会      7月
    •     3)グラウンド・ゴルフ大会    9月
    •     4)文化祭            9月
    •     5)新春の集い          1月
    •     6)芸能祭            2月
    •       後援 ダンスの集い      12月 参考
       期とまたがった事業を行うことで会員相互の親睦と生涯学習の推進を図るとともに、更なる地域活動への足がかりとする。
      (各事業の実行委員長は担当期が務める。校友会一年目の期は2年目の期の運営を見習いながら副実行委員長等を務め次期に備える)
    • ・ 各実行委員長は実施要綱等計画書を作成し企画委員長へ提出
    • ・ 各実行委員長は事業終了後実施報告書を作成し企画委員長へ提出
    • ・ 各実行委員長は会計報告書を作成し財務委員長へ領収書を添付し提出
    • ・ 各実行委員長は事業終了後速やかに事業の反省、評価等を行い次期担当期へ引き継ぎを実施する。
  13. 交通費負担
    • 県連協へ松連協の役員として出席する場合の交通費を負担する。予算書に反映し定時総会において承認を得なければならない。
  14. 松連協の入会、脱会について会費の扱い
    • 期の途中で入会する場合、該当の校友会会長より総務委員長に届出し会費を納めた者を会員とする。
      期の途中で脱会する場合、該当の校友会会長より総務委員長に届出する。ただし会費の返金はしないものとする。
  15. 松連協総会の実施
    • 松連協の総会は毎年4月20日前後に開催し、定時総会とする。

 付則
   本運用規定は平成27年3月17日に制定し施行する。